注目キーワード
  1. 新薬
  2. MR
  3. 抗体
  4. AMP
  5. 水族館
TAG

アビガン

    P値の簡易解説。【アビガン特定臨床研究を例に】

    P値ってなに? つい先日、藤田保健衛生大学からファビピラビル(アビガン)特定臨床研究の最終報告についてという発表がありました。 この発表の結果部分には 主要評価項目である「6日目まで(遅延投与群が内服を開始するまで)の累積ウイルス消失率」は、通常投与群で66.7%、遅延投与群で56.1%、調整後ハザード比は1.42(95%信頼区間=0.76-2.62、P値=0.269) ファビピラビル(アビガン)特定臨床研究の最終報告について と書かれています。 その時にP値ってなんだ?66.7%と56.1% […]