VLOOKUP30分講座-例題2:IFERRORを使ってVLOOKUPで表示されるエラーを消す

まとめと次回予告

本ページは元記事のVLOOKUP講座の例題2
例題1で現れる#N/A0にしてみよう(IFERRORを使って)
の詳細解説ページです。
研修用資料のダウンロードがまだの方は
以下リンクより入手してください。

元記事

本ページではExcelのVLOOKUP関数を紹介します。VLOOKUPは概要を学んだら体でルールを覚えたほうが早い関数です。本ページを見ながら研修用エクセルを触ったらぜひ自分で表と関数をつくってみてください!早期の習得につな[…]

VLOOKUP関数アイキャッチ

 

基礎編の例題1は解けましたでしょうか?
解けると結果に『#N/ A』と言う表示も
現れているはずです。

これノーアサインと読むんですが、
数式で参照セルに
適切な値がない場合に表示されるエラーです。

つまり
探したけど数字なかったよ!
といっています。

でも見栄え悪いですよね?
どうせなら数字がないのなら
0と表記したいですよね?

喜ぶチクチク
チクチク
こんな時はI FERROR関数の
合わせ技を使います!
IFERROR関数はその名が示す通り
『もしエラーならどうする?』
と言う条件を設定できる関数です。
=IFERROR(数式,エラーの時の表示)

と言う数式で使うことができます。
数式がエラーの時、条件の表示をすると言う内容です。

今回はこの数式にVLOOKUPの数式を組み込むことで
VLOOKUUPで表示されたエラーを0と表記ます。

 

数式のイメージ

この時の数式のイメージは…

=IFERROR((VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,検索方法)),0
チク子
いや!わかるかボケェ!!
でも大丈夫!
既に例題1でVLOOKUPの数式は組んでいます!
玄人は一気に数式を組むことができますが。
我々凡人は先にVLOOKUPの式を組んで、
それをIFERRORに組み込む手順をとりましょう。

数式作成方法

数式が入っているセルを選択して
(VLOOKUPを組んだセルです)
エクセル上部の数式窓をみてください!
=VLOOKUP(〜,〜,〜,FALTH)と書かれていますよね?
(〜は人それぞれ違います)この=VLOOKUPの
=とVの間にIFERRORと打ち込んでください。
おそらくIFEくらいでIFERRORを選択できる
ホップアップが出てきますので選択してください。

あとはこの式の通りに整えればOKです。
=IFERROR((VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,検索方法)),0

ポイントはVLOOKUPの式を独立して計算させるため
()で括る必要がある点です。
そのためパッと見はVLOOKUPの式が二重括弧でくくられているように見えます。
このVLOOKUPを二重括弧
これは最大のポイントですので
しっかりと押さえておいてください!
これを忘れると正確に動かなくなります。
あとは作成した数式を
全てのセルに適応すれば終了です。

#N/Aが0に変わっていれば成功になります。

まとめ

IFERROR関数とVLOOKUP関数の組み合わせを使った
エラー消去の方法をご紹介しました。

ね?例題1と比べると簡単でしょ?
文字数も三分の一程度です笑

楽しいチクチク
チクチク
例題3-4はさらに簡単です!
一気に攻略してしまいましょう!
元記事

本ページではExcelのVLOOKUP関数を紹介します。VLOOKUPは概要を学んだら体でルールを覚えたほうが早い関数です。本ページを見ながら研修用エクセルを触ったらぜひ自分で表と関数をつくってみてください!早期の習得につな[…]

VLOOKUP関数アイキャッチ
広告