注目キーワード
  1. 新薬
  2. MR
  3. 抗体
  4. AMP
  5. 水族館
CATEGORY

時事・業界ニュース

時事・業界ニュースをまとめるカテゴリーです。

時事・業界ニュース

 
いち社畜
製薬業界に属する一社員の目から見た業界ニュースをまとめています。
 
に社畜
足で稼いだ情報なので、リアリティがあるのではないかなと思います。
 
いち社畜
これは!!と思ったニュースはできるだけ取り上げますので、参考になれば幸いです。
 

    疾病認定されたゲーム障害とランプの宿

    WHOがゲーム障害を疾病として認定 どーも皆様、ゲーム大好きチクチクです。 最近はオセロニアというソシャゲにハマって貴重な時間を使ってしまい後悔する毎日です(*´﹃`*) 今回はそんなゲームやネットに関する話題を紹介します。 少し古新聞になりますが、WHO(世界保健機関)は2018年5月にゲーム障害(Gaming disorder)を国際疾病として正式認定しました。 ICDという国際疾病分類の第11回改訂版に正式記載されています。 なお現場には2022年1月から適応されます。   ゲ […]

      オンライン資格確認ってなんだろう?【メリットとデメリットは?】

      オンライン資格認証とは   21年の3月から医療機関でオンライン資格確認がはじまるよ   オンライン資格確認? 聞いたことないわね   マイナンバーカードのICチップまたは健康保険証の記号番号等により、医療機関がオンラインで資格情報の確認ができるようになるんだよ。   だから資格情報ってなんなのよ?   資格情報は保険をうける資格のこと。わかりやすいのは「保険証の有効期限」とかだよ。   それがオンライン化されるってことね。何が問題な […]

        後発品の薬価算定ルール解説【安いからと言って直ぐに取り扱うとは限らない】

        後発品の薬価算定 後発品って特許が切れた薬剤を安く発売するって認識でおおよそは間違いありませんが、細かい薬価ルールって知らないって言う人が多いのではないでしょうか。 特に昔の薬価ルールでは70%の薬価だったので、最近の後発品の価格を見て驚く人も多いのではないでしょうか。 直近の後発品ではエゼチニブが発売されましたが、先発のゼチーアが173.2円。後発品が63.1円と先発品に比べて36.4%と非常に安い薬価になっています。 ゼチーアは1つのクリニックで月100万円以上の売り上げがあるケースも珍し […]

          製薬会社のWEB面談が抱える問題を考察【ソフト編】

          製薬会社のWEB面談が抱える問題 前回の記事では製薬会社のWEB面談が抱える問題をシステム面から考察させて頂きましたが、今回はソフト面、人について切り込んでいきたいと思います。 ハード面、システムの問題も絡んではいますので恐らく前編を確認いただいた方が分かり易いとは思います。まだの方は興味があれば先に以下記事を確認ください。   それでは後編 おつきあいください。   製薬会社・MR側の問題と顧客はなぜWEB面会をしないのかという二つの側面から考察します。 製薬会社・MR側の問題 今、WEB面 […]

            製薬会社のWEB面談が抱える問題を考察【ハード編】

            製薬会社のWEB面談が抱える問題を考察 コロナ禍が落ち着いてきたここ最近、製薬業界に起こっている変化として急激なWEB化があげられます。規制産業であった影響からか、これまで必要性は謳いながらも実はWEB化に関しては長らく大きな変化がありませんでした。 しかし、感染制御目的の面会規制により直接面会を介さないWEB面談のニーズが主に企業側で急増しています。急激な変化により、顧客はもとより、MRたちにもフラストレーションが蓄積しています。 そこで今回、製薬会社のWEB面談が抱える問題点についてハード […]

              MMRワクチン薬害問題を振り返る【mRNAワクチンで盛り上がる前に知っておいてほしいこと】

              mRNAワクチンとMMRワクチン薬害問題 最近、色々な製薬会社が新型コロナウイルスのワクチンを作っていますね。このブログを読んでいる人にも、大きな期待をかけている人が沢山いらっしゃるかと思います。 私、基本的には各種ワクチン推奨派です。 ただ新型コロナウイルスのmRNAワクチンは少し怖いなーって思っています。特に噂になっている新型コロナウイルスのmRNAワクチンをいきなり広く集団投与することには現状のデータでは反対の立場です。複数の臨床試験を経て段階的に使っていくべきだと思っています。 今回は […]

                リュープリンSRが欠品【競合品は出荷調整】

                リュープリンSRが欠品 武田薬品が一時代を築いた薬剤リュープリンSRが欠品するようです。さらにSRではないリュープリンも出荷調整に入ります。これは大問題に発展する可能性のあるニュースです。 いろいろな欠品が最近発生していますが、命に直結して代替療法の存在しない欠品という意味ではインパクトが大きい事件だと思います。 まだまだ未確定の情報も多いですが、現状わかっている範囲でまとめております。ご確認ください。   何故か武田はプレスリリースでWEB発表していない… 武田薬品工業ではなくて泌 […]

                  医薬品卸の談合問題【仕切価、納入価、リベート解説と併せて考察】

                  医薬品卸の談合問題 2019年の年末に医薬品卸が談合を行ったというニュースがありました。そのあとCOVID-19 関連でそれどころではなくなったので忘れられつつありますが、ここで一度振り返るとともに問題点を考察したいと思います。 以下日経記事の引用です。 独立行政法人「地域医療機能推進機構」(JCHO、東京・港)発注の医薬品の入札を巡り、談合を繰り返した疑いが強まったとして、公正取引委員会は27日、医薬品卸大手4社の本社など関係先について独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で強制調査を始めた。 […]

                    医薬品副作用被害救済制度って知ってますか?

                    医薬品は用法用量を守って正しく使いましょう。正しく使用しないと、「医薬品副作用被害救済制度」が使えなくなるかもしれません。未承認薬、輸入薬、添付文書をよく読まず使っている人は今一度立ち止まってみませんか?という内容を紹介しています。

                      医薬品承認におけるランダム化比較試験の重要性について

                      はじめに 本日アビガンの5月中の承認断念というニュースが流れてきました。 どうやら、第Ⅲ層試験(PⅢ)後に承認されるという医薬品承認の大原則は守られそうです。 政府よりも富士フイルム富山化学が冷静でしたね。  アビガン 5月中の承認を断念#Yahooニュースhttps://t.co/Swv6eiRh83 — シャ・チクチク (@mrnetinfo) 2020年5月25日 これを受けて、アビガンの承認問題はひと段落かなと思ってます。 そこで今回は、当ブログの ・アビガン関係記事の振り返りと、 か […]