MRに最適な結婚相手と実際の結婚相手から考えるMRと結婚する方法

喜ぶチクチク
チクチク

みなさんお疲れ様です!チクチク です!

出会いの季節になりましたね!

チク子
なので今回はみんな大好き結婚の話題について紹介するわよ!

一般的にMRは出会いが多い職業です。

看護師さん&薬剤師さん、他社MR等々、女性と知り合う機会は多いです。

さらに比較的収入が高く婚活市場では人気であるとも言われています。

実際、『MR 結婚』で検索すると『MRと結婚する方法』と言う記事が山ほど出てきます。

チク子
みんな必死なのよ!

でもMRの目線で『結婚するのに適した相手』について紹介している記事はあまり多くありません。

また、実際どんな人と結婚していて、さらにその知見からMRにアプローチする方法を考察している記事も多くはありません。

 

そこで今回は、MRの私の目線から『MRが結婚するのに適した相手』と『実際の結婚相手』をまず考え、

そこから逆算して『MRと結婚しやすい人・方法』を考えていきたいと思います。

 

なお大前提として『好きな人』と結婚した方が幸せなのは言うまでもありません。

ただ今回はその辺を度外視して考察していきます。

楽しいチクチク
チクチク
あ!あと私、男ですので基本男目線の記事です!
チク子
ゲスゲスしい要素が漏れ出ていたらすみません。

 

MRが結婚するのに適した相手

MRが結婚するのに適した相手

MRが結婚するのに適した相手を考える上で、MRの仕事の特性を考えてみたいと思います。

ざっくりした仕事の特性はこんな感じです。

  1. 全国転勤
  2. 薬を売っている(薬に興味がある人種)
  3. 土日の仕事や全国行脚もある営業職

 

これから考えるMRの結婚相手として適した相手の特性は

  1. 全国転勤に対応できる
  2. 薬の話に興味が持てる
  3. 営業職という特殊性を理解している

この3点は非常に大事なポイントかなと思います。

 

ポイント1:全国転勤に対応できる:専業主婦、資格職、完全在宅ワーク

いつあるか分からない全国転勤職であるMRにとって一番大切なのは、どこへでも一緒について来てくれる伴侶でしょう。

もちろん、単身赴任と言う手もありますが、あまりにも単身赴任期間が長いと居なくて当然となってしまいます。

 

実際、私の先輩にも30年間単身赴任をしている先輩がいます。

彼いわく『お金もったいないから盆正月帰ってこなくていいよ!月一週末でOK!』と言われているようです…

チク子
悲しすぎる!!!
悲しいチクチク
チクチク

これは極端な例ですが、幸せな結婚生活と言えるかと言うと疑問が残りますよね。

転勤に着いて行きやすい職業と言うと

  1. 専業主婦
  2. 薬剤師、看護師等の資格職
  3. 完全在宅ワーク

 

専業主婦は言うまでもありませんよね。

何処へでもついて行けるある意味完全無適職です。

専業主婦になってもらえる女性を求めている男性MRの場合はこの点は全く心配する必要がありません。

 

逆に共働きを望んでいる男性MRの場合は、この問題がのしかかります。

このケースでは何処へ行っても働き口に困らない資格職が好まれると思います。

資格職に関しては常に求人がある方が好ましいので慢性的に人員不足な医療職や事務職等になりがちです。

 

そして最後の完全在宅ワーク職!!

コロナ禍でこの働き方は確実に増えています。

ひと昔前だと会社が東京の場合は関東近郊に住むことが当然でしたが、

これからは会社の所在地に囚われず好きなとこに住む人が増えてくると言われていますし、

すでに肌で感じている人も多いのではないでしょうか?

楽しいチクチク
チクチク
未婚男性MRの新たな選択肢になるのではないかな?

 

ポイント2:薬の話に興味をもてる

当然ながらMRは薬の営業です。

ある程度経験年数を積んだ場合、共通の特性として薬に興味を持つようになります。

これは出身が文系大学であっても変わりません。

 

まぁこれって当然の話ではありまして、

6年MRやった場合、ホヤホヤの中学1年生が大学1年生になるまでの期間薬のことを毎日考え医師と話し続ける訳です。

チク子
どんなに興味がなくても洗脳されるよね。

なので薬の話題は鉄板の共通の話題となります。

そう言った意味で、薬系学部や生物系学部卒の人は興味を持ち話を合わせやすいですよね。

MRの結婚相手に医療職が多いのは出会いの多さもありますが、この辺が関係しているのではないかと思っています。

喜ぶチクチク
チクチク
もちろん他の部分で話が合えば問題ないのは言うまでもありません。

ポイント3:営業という特殊性を理解している

MRは営業なのは周知の事実かと思いますが、営業は顧客あっての仕事です。

一昔前の無茶ぶりは、かなり減って来たと思いますがエリアによっては残っていますし

土日の仕事も入ることが多いです。(奇しくもコロナ禍で激減していますが…)

 

具体的には

  1. 休日のゴルフコンペ
  2. 休日の行事参加
  3. 講演会運営
  4. 講演会の講師随行
  5. 急な顧客対応

等々があります。

営業ってそんなもんだよねーって思ってくれる人が理想です。

ぶっちゃけ個人差の大きい領域だとは思いますが、MRの仕事をよく知っている人ほ どそう思ってくれるケースは多いです。

したがって同業MR(当然)、MRとよく触れ合う職種の人の方が理解を得やすいと考えられます。

 

最強なのは薬剤師免許持ちの女性MR

MRの私がこれを言ってしまうと元も子もないんですが

  1. 全国転勤に対応できる
  2. 薬の話に興味が持てる
  3. 営業職という特殊性を理解している

この条件すべて満たす女性って薬剤師免許持ちの女性MRになっちゃうんですよ…

 

製薬会社は女性の転勤に寛容な会社が多いので、

仕事を辞めずに転勤ができるかもしれませんし、最悪やめても薬剤師として働くことが可能です。

自身の職業ですから、薬の話も当然できますし、営業への理解も深いです。

喜ぶチクチク
チクチク
結局、同類との相性が一番いいのかもね

 

なお医療系の資格職が次点になります。

①、②は当然満たしていますし、普段からMRと関わることも多く仕事への理解も深い傾向があると思います。

ただ実際やっているわけではないので、薬剤師免許持ちのMRには劣るかなということで次点にしています。

まぁ誤差の範囲だと思います。

 

仕事なんか関係ないよ!

専業主婦でついて行くし営業への理解や薬にも興味あるから大丈夫!!

こういう意見もあるかと思います。

 

でも実際、結婚適齢期の男性MRって付き合う相手の職業情報を注視している人は多いと思います。

と言うのも付き合う前の段階で、結婚後、仕事をやめてくれるとはわからないからです。

営業への理解や興味の対象なんかは長期間ですり合わせが可能ですが、職業ばかりはどうしようもありません。

 

なので仕事を続けても辞めてもフレキシブルに対応できる様、付き合う相手の職業情報を注視している人は多いです。

悲しいチクチク
チクチク
人それぞれだけどシビアにみている人は多い気が…

 

 

実際の結婚相手

実際の結婚相手

ざっくりと必要な条件と理想がわかったところで、

リアルワールドではどんな人と男性MRは結婚しているのか確認してみたいと思います。

 

確認対象は下記2件です。

  1. 私の新人時代から付き合いのある男性MR10名の結婚相手
  2. Twitterアンケート結果(有効得票100票超)
チク子
属性の違う二つの調査ならボンヤリと傾向は見えそうね。

 

新人時代から付き合いのある男性MR10名の結婚相手の職種

まずは私が新人時代から付き合いのある仲のいい既婚者10名について考えてみました。

喜ぶチクチク
チクチク
私が日本中に旅行にいった仲間たちです。

11名いるのですが1名は未だ未婚です。

チク子
未婚なの先輩やぞ!いらん事いうなw

 

★新人時代から付き合いのある男性MR10名の結婚相手の職種

大学同級生×2(ただ両名薬剤師)

同業他社×3

得意先薬剤師×1

他業種×4

楽しいチクチク
チクチク
6割が関連業界で、専業主婦は5割ですね。
チク子
ちょっと見にくいから整理して?
結果を整理すると
  1. MR:30%
  2. 薬剤師:30%
  3. 他業種:40%

 

結婚している業界をみてみると

6割が医薬品の関連業界ですので、やはり医療系の方と結婚するケースが多いのは肌感覚通りですね。

前項で述べた条件のほかに単純に出会いの頻度も関連していると思います。

 

チク子
条件があいやすい相手に出会いやすいってMRって恵まれているわね…
楽しいチクチク
チクチク
つづいてTwitterアンケートを確認します。

Twitterアンケート

先日Twitterにて以下アンケートを実施いたしました。

 

結果は以下の通りです。

  1. 同業種:10.8
  2. 医療職・医療関係者:13.5
  3. 他業種:20.8
  4. 閲覧用:54.8

 

これから閲覧用を抜いて計算すると

  1. 同業種:24%
  2. 医療職・医療関係者:30%
  3. 他業種:46%

※有効票117票

 

楽しいチクチク
チクチク
だいたい前述の男性MR10名の結果と似通った数字となりました。
チク子
5‐6割くらいは医薬品業界と関連する職種と結婚していると考えてよさそうね。

MRと結婚しやすい人・方法

MRと結婚しやすい人・方法

ここまでの結果を踏まえてMR狙いの女性がどうすればいいのか考えてみたいと思います。

少なくとも5割が医薬品関連職・医療従事者ということを踏まえるとココは外せないんじゃないかな?と思います。

 

日本の医療従事者数は2‐3人/1000人と言われています。

無職の高齢者を除いたとしても10人以下/1000人くらい…つまりは1%程度でしょう。

その1%しかいない医療従事者+更に少ないMR女性から50%以上の結婚相手が選ばれているわけです。

 

  1. 5000人の女性
  2. 100人の男性MR

この条件で考えた場合

 

50人の男性MRが50人の医薬品関連職から結婚相手を選び

50人の男性MRが4950人の非医薬品関連職から結婚相手を選ぶ訳です。

チク子
ざっくり99倍難易度が上がります。地獄!!

 

 

5000人全員がMR狙いという状況は考えられないので、ここまでの差にはならないでしょうが、

医薬品関連職・医療従事者がかなりMRと結婚しやすい職種であることは間違いなさそうです。

 

転職すら視野に入れるべき

紹介したデータを鑑みると第一の戦略は医薬品関連職・医療従事者への転職でしょう。

ちょっと対策としては過激ではありますが、99倍の差は無視できませんし簡単には覆りません…

転職サイトにて自分にあった医薬品関連職・医療従事者をチェックしてみましょう。

 

なお介護職も医療従事者だと思っている方がいらっしゃいましたらご注意ください。

MRはほとんど介護職とは関わりません…

 

転職サイト例

楽しいチクチク
チクチク

ミイダスの市場価値チェックは自身の現状確認ができるので、他のサイトで転職するときの給与の目安にもなるので、やっておいて損はないと思います。

 

 

 

転職しないなら努力でカバー

そうはいっても転職するのはハードルがたかいよ…

そこまでやるのはちょっと…

こんな意見も多いでしょう。

 

 

そうなると打つ手がないのか?というと、そんなことはありません。

単純に難易度が99倍になるだけです!

その分は努力で埋められます!

 

99倍とか無理じゃん!!と絶望する必要もありません。

その難易度の差を作っているのは接触機会の差です。

つまり何とかなる内容です。

 

医療機関にいれば、そこにいるだけで(邪魔になるくらい)MRがやって来ますが、

医療機関にいない場合、自分でなんとかしなければなりません。

 

これが99倍という圧倒的な差を生み出しているだけです。

喜ぶチクチク
チクチク

まずは圧倒的な差である接触機会の差…これを埋めましょう!

 

 

 

医療従事者の友達を探そう!

接触機会の差を埋めるためにはツテを使いましょう。

学生時代の知り合いに医療職の人はいませんか?

特に顔面偏差値が高い友人がおススメです。

 

楽しいチクチク
チクチク
若手MRはかなりの確率で、その友達と連絡先を交換しています!

 

そんな友達がいれば儲けもの!

看護師や薬剤師の友達をツテにコンパの機会を取り付け、MRとの接触機会を取りましょう。

 

基本男性MRはコンパ好きな生き物です。

ゾロゾロと湧いて出てくるはずです。

 

1人連絡先を得れればソコを皮切りに

芋づる式に連絡先が手に入るはずです。

 

マッチングアプリも推奨!

マッチングアプリをやっている若手はメチャクチャ多いです!

若手MRの6-7割は出会い系アプリのアカウントを持っていると思います。

喜ぶチクチク
チクチク
直属のかわいい後輩もやってます!

 

 

 

マッチングアプリを駆使してMRを探し出してアプローチしましょう!

ただヤツらの99%はヤリ目です(笑)

 

生来の遊び好きが多い、かつ出会いが多いMRがアプリすら使うのは更に出会いの数を増やす為です。

こんなやつは大抵ヤリ目です。

 

  1. 金曜日は営業所から駅までナンパ!
  2. そのまま出会い系居酒屋に直行!
  3. 酔いも回ったところでクラブに行ってナンパ
  4. その合間でマッチングアプリ!
怒ったチクチク
チクチク
こういう爛れた生活をしているやつがほとんどです。

 

 

※関連記事:製薬会社のMRは遊び人なの?

 

身を守るためにも、近づこうとしている相手はそういう相手だと心に刻んでおきましょう。

あくまで目的は連絡先を芋づる式に手に入れ、真面目な結婚を考えているMRと知り合うためです。

 

マッチングアプリに関しては、中年に片足突っ込んでいる私よりも

皆さんの方がお詳しいでしょうからオススメはありませんが、一つ面白い白いサービスを見つけました。

 

マッチングアプリ専用写真撮影業です。

 

確かにマッチングアプリにおいて、写真の与える影響はめちゃくちゃ大きいでしょう。

ほとんどの人がプロフなんか読まずに対応しているんだと思います。

楽しいチクチク
チクチク
時代に即した面白い業態だなと感心させられました。

 

 

 

以下サービスのHPによると、ちゃんとした写真を用意すると

マッチング率は2.05倍、メッセージ交換率は4.19倍にハネ上がるそうです。

仮に有料マッチングアプリを使っていた場合は、

ちゃんとした写真を使うことで50%オフで使うのと同じ効果になる訳ですし目標にも近づきやすくなります。

▶️いいねがもらえる写真を撮影【マッチングフォト】

 

 

さいごに

さいごに

MRに適した結婚相手と、そこからMRと結婚するための方法について考えてみました。

もしMRと知り合う機会があったら解説したポイントをアピールしてみてください。

喜ぶチクチク
チクチク
マイナスには働かないと思います。

 

 

機会を得ることさえ出来れば、業種の差はそこまで大きくはないと思います。

ただ、紹介したとおり全国転勤への対応力だけは足切り要素になっている可能性はありますので、

慎重かつ手早く『全国転勤全然OK』とアピールした方がいい気がします。

 
楽しいチクチク
チクチク
まぁ色々言ったけど好きな人と結婚するのが一番だよね!
チク子
それを言っちゃオシメェだよ!!!

月刊チクマガ

当ブログでは月一回のメールマガジンを発行しています。

①直近1ヶ月のブログ情報

②有名雑誌の医薬品情報

上記2つをセットでお届けしています。

営業の話題や最新知識の補完にお役だていただけます。

 

メール送信時間は以下の通りです。
通常:AM07:30 速報:PM19:00まで 頻度:月一

購読は無料です。

この機会にぜひご登録ください

アイキャッチ
当ブログの新入社員&若手むけ記事を整理し
内定から2年目でやっておくといい事をまとめています。
①相談相手がおらず迷子になっている新入社員
②新入社員のアドバイスに悩んでいる先輩社員
そんな方のお役に立つページです。